肩関節に関する筋肉について

肩に関わる筋肉について説明します。

・三角筋 ・棘上筋 ・棘下筋 ・小円筋 ・大円筋 ・肩甲下筋

これらの筋肉は狭義の肩関節(肩甲上腕関節)の周りを取り巻いている筋肉です。

このうち・棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉を回旋筋腱板(ローテーターカフ)といい

腱が板状になって肩関節を補強しています。いわゆるインナーマッスルと呼ばれているものです。

上腕骨頭の前方を肩甲下筋上方を棘上筋後方を棘下筋小円筋が補強しており、

その上を三角筋が覆っているという格好となっています。

そのため、回旋筋腱板(ローテーターカフ)は表面からはほとんど触れることはできません。

次回は各筋肉について説明します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です